☆ キャンプ知識編 ☆

案

スケジュールを立てる時からがキャンプツーリングです。


目的地

さあ、とりあえず行く場所を決めましょう。
場所は何処でも大丈夫です。もちろんバイクでいける場所であれば…ですけれど(笑)


<地図・参考資料>

バイク乗りなら大抵持っているという「ツーリングマップル」(昭文社刊)
これは確かに大変便利です。ツーリングに必要な地図としての情報はもちろん、キャンプするのに適した場所や、キャンプ場、YH(ユースホステル)の電話番号まで載っています(2000年版より)
キャンプに限らずツーリングには必携の1冊と言えるでしょう。

「るるぶ」や「ドライブガイド」などのいわゆる行楽ガイドも便利です。
名所旧跡やグルメ情報についてはこれらが有効な情報源になることでしょう。

行き先やキャンプ場の情報収集として忘れてはならないのがインターネットです。
当HPからのリンクはもちろん(笑)検索エンジンで探せば、キャンプツーリングの為のWEBページが山ほど見つかるはずです。
場所の情報と共に、貴重な体験談が乗っている場合も多いので、大いに参考になる事でしょう。
インターネットは雑誌のような制約のないので、一番「リアルな」情報源かもしれませんね。
※その分、誤情報にも注意が必要です。

目的地を決める時、キャンプの目的自体から決めるのも良いでしょう。
「とりあえずテントに寝る」事が目的なのか、それとも「走る」「食べる」「温泉」なのかなど。
「大勢で騒ぎに行く」というのももちろんアリだと思いますよ。


<スケジュール>

慣れれば別ですが、初めてのキャンプツーリングであれば、やはり「1泊で自宅からさほど離れていない場所へ」の方が安心です。
時間に余裕が出来ますので、キャンプ場に着いてから慌てる事もありません。

キャンプが普通のツーリングと違う点と言えば、「テント設営」「食事の準備」等の作業が発生する点です。
キャンプ場へは早めに到着するようにしましょう。
私の場合、午後4時前後には現地へ到着できるスケジュールを立てています。

ロングツーリングの場合、もちろん全てキャンプ泊でも良いのですが、3日に一度くらいは普通のホテルやYHを利用しても良いでしょう。
上げ膳据え膳&ちゃんとした布団での安眠は、ロングツーリングの疲労を大幅に減らしてくれるはずです。
溜まった洗濯物を洗える…というメリットもありますしね。


<移動距離>

1日の移動距離は、バイクの排気量にも左右されますが、常識的には一般道で250km前後(300km未満)、高速道路利用でその倍…といったところでしょうか?
それ以上の距離ももちろん可能ですが、「移動の為の移動」はあまり楽しいものではありません。

ベースキャンプを作り、そこを基点にあちこち回るような場合には距離も稼げそうです。「観光」や「温泉」がメインのツーリングの場合はお勧めですね。

余談ですが、マスツーリングの場合は「最低排気量、もしくは初心者」のペースに合わせるのが基本です。
ペースが合わない場合には「現地集合現地解散」にするのが良いでしょう。

宿泊場所

慣れてくれば何処でも大丈夫でしょうけど、最初はやっぱり・・・


慣れないうちは、きちんとした「キャンプ場」を利用しましょう。
トイレ、炊事場等の心配をしなくてすむので安心です。管理もきっちりされていますしね。

但し、いわゆる「オートキャンプ場」には注意が必要です。1サイト5000円というホテル並みの場所代を請求される場合がありますので注意してください(笑)
バイク1台でしたら、払ってもせいぜい1000円までといったところでしょうか?

キャンプ場には予約が必要な場合とそうでない場合がありますが、あらかじめ予約しておくに越した事はありません。場所が確定できない場合でも、目的地周辺のキャンプ場の電話番号をあらかじめ調べてから出発しましょう。

ベテランキャンパーともなれば、高速道路のサービスエリア、道の駅、橋の下、路肩(爆)などでの宿泊も平気と聞き及びますが、素人(笑)の場合は緊急の場合を除き避けたほうが懸命でしょう。


 CAMPへ戻る