☆ キャンプ知識編 ☆

泊

キャンプ場にてのあれやこれや。


キャンプ場到着

さあ、いよいよキャンプ場へ到着です。


<手続き>

きちんとしたキャンプ場には管理人の方がいます。 まずは受け付けを済ませ、キャンプ場代を払っておきましょう。

自分のテントサイトはもちろん、駐車場、トイレ、炊事場、ゴミ捨て場の場所を確認しておくのもお約束です。


<バイクの駐車>

キャンプ場にバイクを停める場合、駐車する場所は未舗装があたりまえです。
舗装の駐車場だった場合には、大声で「らっきぃ〜」と叫びましょう(笑)

駐車にはサイドスタンドを使用します。
未舗装の場合は無論ですが、舗装路面の場合でもサイドスタンドを使用しましょう。センタースタンドの場合より安定することが実験により証明されています。

サイドスタンドと路面の間には、板や石、空き缶を潰したものなどを敷いてめり込みを防止します。
※真夏は、熱気によりアスファルト路面にさえめり込んでしまう事があります。
適当な板が見つからない場合、「もうバイクは動かさない」事が確定した時点で缶ビールを1杯やって、その空き缶を敷くというのも良いでしょう。ちなみにこれが私のキャンプ場でのお約束です(笑)

バイクは、できるだけ斜面に向って(上り側の意)停めると良いでしょう。
バイクが前に動いてサイドスタンドが外れてしまう事も無いですし、バックする時にも楽に動かせます。
念の為ギアは1速に入れ、キルスイッチも切っておくと安心です。

テントサイトと駐車場が離れている場合には、バイク自体への盗難(いたずら)対策も必要です。
自宅に留め置く時と同様の防犯設備が理想ですが、ツーリング途中ともなればそれもままなりません。
携帯用としてお勧めなのは、ブレーキのディスク板に取り付けるタイプの「ディスクロック」。本体が小さくかさばらない上に、破壊し難い為意外に有効でもあります。但し、くれぐれも翌日朝の「外し忘れ発進」にはご注意下さい。
複数のバイクでのキャンプ時には、お互いをワイヤー等で繋いでおく事も有効でしょう。

テント設営

さて、なにはなくともテントを建てましょう。早く荷物を降ろして身軽になりたいものです。


<設営場所>

きちんとしたキャンプ場で、テントサイトが決まっている場合は問題ありませんが、そうでない場合はできるだけ快適な場所を選んで設営しましょう。

できるだけ高台に設営する
雨が降った時、水溜りになると大変に悲惨です。特に寝ている最中に水浸しになると目も当てられません。
もちろん、川原等、増水時に水に沈む恐れのある場所への設営など論外です。

水平な場所が望ましいが、斜面の場合はそれに沿って垂直に立てる
斜めに立てると寝ている時に転がってしまいます。

入り口は風下に
特に雨天時には大切です。また海沿いでは朝と夜で風向きが変わりますので注意してください。

芝生などの柔らかい場所が理想、そうでない場合は石等をできるだけ取り除いておく
設営が終わり、いざ就寝という時に気付いても遅すぎます。

ペグをきちんと打つ
夜から急に風が強くなる場合も多いものです。
ペグは何種類か用意しておき、設営場所に応じて使い分けると良いでしょう。


<荷物の整理>

バイクから荷物を降ろし、テント内へ収納します。
キャンプ場ではバイクは空荷にしておきましょう、盗難対策(下記参照)の意味もありますし。
もちろん、貴重品は肌身はなさず…が原則です。

テント内の荷物は、いつも同じような配置にするようにしましょう。夜間、備品を探す時にいつもの場所がわかっていると安心です。
また、こうしておくと「酔っ払った時にも安心」である事は言うまでもありません。

マットとシュラフも敷いてしまいます。
エアマットの場合、後で膨らませる手間を省くと言う事もありますが、無論「いつでも寝られる状態にしておけば安心して呑める」というのが最大の理由である事は言うまでもありません。


<盗難対策>

テント設営後、荷物をテント内に残して、走りや買出し、温泉等に出かける場合も多い事でしょう。
このような場合、不測の事態を防ぐ為、テントには鍵をかけておくことをお勧めします。 そんな大層なものではなく、入り口のファスナーに小さな南京錠でもかけておけば充分でしょう。
テントを切り裂いて物を盗って行くような確信犯はどうしようもありませんが、「出来心で…」は防げるはずです。


 CAMPへ戻る