☆ キャンプ知識編 ☆

飯

食べる事はもちろんですが、作る事も楽しいものです。


準備・材料

きっちり準備しても良し、行き当たりばったりもまた楽し、です。


<素材>

せっかくのキャンプです。メインディッシュにはできるだけ「地」の「旬」のものを用意したいですね。
※海辺なら魚介類、山間部ならキノコ、農村なら野菜等

素材の調達は、通常であればキャンプ場近辺のスーパーになる事が多いと思いますが、できるだけ地元産の商品を扱っているお店を探しましょう。
田舎でしたら、道端の無人販売所や朝市も狙い目です。旬の素材が思いもかけない価格で買える場合があります。


<主食>

「酒と肴があればいい…」のなら話は別ですが、やはり炭水化物が欲しくなるものです。

お勧めはパスタです。ご飯(米)と違って失敗がありませんし、ニンニクと鷹の爪でもあれば立派なメインディッシュにもなります。
付け合せの具も、キノコでアサリでトマト缶で…となんでも来い。いわゆる「麺」だけでなく、ペンネやマカロニなど種類が多いのも魅力です。

「日本人ならご飯!」という方は是非炊飯に挑戦してください。
米は重量こそありますが、日持ちしますので携帯食料としては優秀だと思います。
パスタと異なり、冷めても美味しく食べられますしね。

インスタント食品も重宝します。
上記のパスタやご飯も、インスタント物で代用できます。
インスタントと言って最初に思いつくラーメンは、手間もかからず手軽に食事をとりたい場合には便利でしょう。(若干雰囲気に欠けるのは否めませんが)

その日限りの条件付ですが、冷凍食品も便利です。食べるまでは氷代わりにも使えますので一石二鳥、冷凍ピラフは私もよく利用します。


<酒>

なにはなくとも、とにかく「酒」です(笑)
私にとって酒のないキャンプなど、ガソリンの入っていないバイク、電源のないパソコンと同じように無用の長物といえるでしょう。

やはり最初はビールでしょうか。
冷えたビールは現地調達が無難です。ツーリングバッグの中でシェイクされた缶ビールをあけるのは非常に勇気のいる行為です。真夏だと破裂の危険もありますね(実績あり)。
メジャーなメーカーのものでも無論良いのですが、地ビールを見つけることができれば最高です。空き瓶が良い記念品になるかもしれません。
渓流沿いのキャンプ場ならば、川で冷やしておくのが風流ですね。

ウイスキーの場合、氷や水が自由にならないキャンプ場では、いわゆる「水割り」はお勧めできません(個人的にも水で割るような酒は好きではないのですが…)男らしく「ストレート」でいきましょう。
また、運良く氷が手に入った時のことを考えると、使用するカップはやはり暖まりにくい二重底の物を用意したいですね。

日本酒もキャンプ場には似合うものです。ツーリング先で酒造元を見つけるととても嬉しくなります。
美味い日本酒はやはり「冷」でいきましょう。手間もかからずキャンプには最適です。
空き瓶(一升瓶)の後始末が日本酒の一番の問題点ですね。

意外にお勧めなのが「カクテル」です。
凝ったものは無理としても、ベースとなる酒と、合わせるものを数種類用意すれば非常に沢山のバリエーションが楽しめるでしょう。
ドライジンがあるといろいろ楽しめますね、ベルモットを加えてステアするだけの「マティーニもどき」は簡単でお勧めです(レモン汁もあれば尚良しです。まぁさすがにオリーブまでは用意できませんが)

現地調達ならいざしらず、酒の持ち運びには気を使うものです。
登山用のボトルに入れて運ぶのが、「軽く」「割れず」「漏れる心配がない」のでお勧めです。容量も多くの種類がありますのでTPOにあわせて使いましょう。私は720mlのものを愛用しています。。但し、入れる酒は蒸留系のもの(ウィスキー等)だけにした方が無難なようです。
※洗浄の手間やカビ等。
 

調理

キャンプなんです。細かい事は気にせず大胆にいきましょう。


<調理>

新鮮な素材が手に入った場合、調理は下手に手をかけるより、シンプルな方が良いでしょう。
焼くだけ、炒めるだけ、あるいは生のままが一番かもしれません。
※無論、材料にもよりますが(笑)


<パスタ>

クッカーで茹で上げる事を考えると細目で短いものがお勧めです。(私は極細のサラダ用スパゲッティを愛用しています。)長いものは2つ折りにして茹でましょう。

茹でるお湯には塩一掴みとオリーブオイル一たらしを入れておきます。オイルを入れておくとパスタ同士がくっ付きにくくなります。

茹で時間はパスタの説明書きを基本にしましょう。茹でた後すぐ食べるならアルデンテ(噛んだ時、髪の毛1本分の芯が残るくらい)に。また、後に具材と炒めるならやや固めにしておきましょう。

並行して具材を作ります。
ベースは、「缶詰(ホールトマト)を使ったトマト味」、「塩コショウ味」、「(生)クリーム味」の何れかが無難です。
好みの具(野菜、きのこ、魚介等なんでも可)をニンニクと鷹の爪と共に炒めた後、ベースソースを注ぎ込んで煮込みます。
※具が魚介の場合には煮込みすぎに注意してください。
味付けは塩コショウを基本に、好みのハーブを加えると味がぐっと「それらしく」なります。
最近では「パスタ用」と銘打ったミックスハーブも売られていますので、これを使えば失敗は少なくなる事でしょう。

出来た具にパスタをあわせれば完成です。
具が先に出来上がるようにしておき、そこへ茹であがったパスタを加えるのが基本です。
冷めたパスタに価値はありません。熱いうちにとっとと食べてしまいましょう。


<ご飯>

炊飯、残念な事に私はあまり得意ではありません(笑)
慣れた方なら火力調整の難しいガソリンストーブでも充分に美味いご飯を炊く事ができるそうです。
「水加減をきちんと」「しっかりと重石をし」「始めちょろちょろ中ぱっぱ…」など様々なコツがあるそうです。また、キャンプならではの「水煮風炊飯」という方法もあるそうですね。
炊飯の達人の方々、是非コツをご教授下さい。

とはいえ、食べるのは得意です(笑)
あまりにも少ない量の炊飯は逆に難しいので、夜作れば翌日朝もご飯食になることでしょう。冷めたご飯というのも利用価値は高いものです。

チャーハン:
肉や野菜の切れ端、卵があれば立派なチャーハンが出来上がります。
※キャンプに卵はなかなか入手し難いのですが(笑)
冷えたご飯にあらかじめ卵を混ぜておき、それを炒めるとパラパラに仕上がりますね。

雑炊、おじや:
炒める代わりに煮込めば、それが雑炊です。固形スープの元が一つあるとより美味しく仕上がります。
これまた卵があると贅沢な朝食になりますが、「卵スープの元」で煮込むという裏技もあります。

焼きおにぎり:
前日に作っておいても吉です。但し、焼くにはどうしても網かフライパン(様のもの)が必要ですし、結構手間もかかります。
醤油を付け過ぎず、焼きながらこまめに回転させてやるのがコツです。
普通に食べるだけでなく、器に入れ、上から熱いスープ(インスタント茶漬けが一番)をかけて食べるのもまた美味い物です。


<肴&おかず>

キャンプでの食事は「作りながら食べられるもの」が一番のような気がします。
何より調理の火を見ながら飲む酒というのは格別ですしね。

刺身:
海岸縁のキャンプでは定番でしょう。もちろんそのまま食べてもOKですが、一工夫してやるのも面白いものです。
サクで買ってきて、箸等を刺し、遠火の強火であぶった後に水で冷やせば「タタキ」になります。カツオが有名ですが、マグロやハマチでやっても美味いですよ。
醤油とワサビはもちろん、ネギやショウガ、ポン酢にもよく合います。

切り身の魚:
シャケなどの切り身はスーパーマーケット等で手軽に手に入れられる事でしょう。
ただ焼くのではなく、アルミホイルに輪切りの玉葱等の野菜と一絞りのマヨネーズと共に包み、弱火でじっくり焼くと美味いホイル焼きが出来上がります。炭火で焼くのが一番ですが、ストーブでも充分美味しく仕上がります。ちょっと焦げた辺りが美味いんですよね。

魚(1匹まるまる):
川沿いのヤナでは鮎等が手に入る事もあるでしょう。1匹の魚をきちんと捌くのはなかなかに難しいものですが、形を気にせず「エラと内臓を取ればよい」と考えれば多少は気楽になるかもしれません。(自信がなければ買った場所で捌いてもらえばよいのですが)
鮎などは、串に刺し、塩を振って炭火で焼くのが一番美味しく頂ける方法です。ただ、炭火がない場合は、先述のホイル焼きが失敗が少ない方法でしょう。
食べた後の骨と尾は取っておき、遠火でカリカリに焼いた後、燗酒に漬け込めば、立派な「骨酒」の出来上がりです。

貝:
アサリやハマグリは安くて手軽です。蓋をしたクッカーで軽く炒めた後、白ワインか日本酒を注ぎ込めば「酒蒸し」の出来上がりです。好みで塩コショウやハーブ、バターを加えても良いでしょう。
大型の貝(カキやサザエ)なら直火で焼くのが一番美味いと思います。この際、くれぐれも汁をこぼさぬよう注意してください。ストーブにつくとなかなか落ちませんよ…(涙)

牛肉:
ブロックで買ってきたら、串で穴をあけ、塩コショウを擦り込み、アルミホイルで包んで遠火でじっくりと焼きます。上手くいけばジューシーなローストビーフが出来上がることでしょう。なに、失敗しても心配は要りません、改めて普通に薄切りにして、焼いて食べてしまえばいいのですから(笑)

豚肉:
豚は煮込むと美味い物です。たっぷりの水にブロックを漬け込み、弱火で気長に煮込みましょう。
こまめにアクを取るのさえ忘れなければ失敗はありません。柔らかくなったら「そのままシチューに」「カレー用として」「あらためて醤油とみりんで煮込んで豚の角煮」等バリエーションが広がる事でしょう。

鳥肉:
面倒に思えてそうでもないのが鳥肉です。
手羽が手に入ったら、表面に串で穴をあけ塩コショウを擦り込みます。お気に入りのハーブを加えても良いでしょう。
フライパン様のものを使って、強火で表面の皮を焦げ目が付くまでしっかりと焼きます。後はワイン(もしくは日本酒)を注いで蓋をし、弱火でじっくりと炒めます。時々様子を見、内部まで火が通ったら出来上がり。カリカリの皮にジューシーな肉が酒をすすませます。
どの部分でも良いのですが、骨付き肉ならばシチューも良いでしょう。水からじっくりと煮込み、鶏ガラスープがとれれば成功したも同じです。ザク切りにした野菜を入れて煮込みましょう。こんな時はクリームなどに頼らず、シンプルに塩コショウだけの味付けのほうが美味いものです。

きのこ:
煮ても焼いても美味いきのこ類ですが、ここでは鍋をお勧めします。
※手に入る時期が主として秋という事もありますが。
調味料なんていりません。きのこを水で煮込むだけで充分に美味い出汁が取れます。味付けはせいぜい醤油を一たらしするくらいにしておきましょう。
きのこは野菜ともよく合います。大根やニンジン、サトイモの類を放り込めば豪華絢爛な鍋ができあがります。
具を食べ尽くした後の出汁に、湯で麺やご飯を放り込めば、2度3度と楽しむこともできるでしょう。
本来鍋物はできるだけ大きな鍋で作ったほうが美味いのですが、キャンプではなかなかそうはいかないのが残念なところですね。

野菜:
キャンプでは意外に使わないものです>野菜。
とはいえ、玉葱は何に入れても美味くなりますし、定番のカレーにもかかせません。
ジャガイモを皮のまま茹で、水を切った後更に炒めた「粉吹きイモ」もいいつまみになります。(バターが欲しくなりますね)北海道でやると美味いんでしょうねぇ…

キャンプでは上手に作る必要はありません。
熱いものは熱いうちに。冷たいものは冷たいうちに食べるよう心がけましょう、それだけでも充分に美味しく感じられると思います。

皆さんお好みのレシピがありましたらぜひお知らせください。このページにて紹介させていただきます。
無論、私も試させていただきますよ(笑)


 CAMPへ戻る