☆ キャンプ道具編 ☆

衣

ウェアなど、身に付ける物についてまとめてみました。


ヘルメット

キャンプだからといって特別な事はありません。被り慣れたいつものヘルメットが一番です。


<種類>

よく「フルフェィスとジェットはどちらが良いのか?」と言う事が話題になりますが、私的には「どちらでも同じじゃないのかな?」と思っています。
各々メリットデメリットがありますが、よほどの理由(サーキットで使う…とか)がなければ、自分の「好み」で選べば良いのではないでしょうか?
※お椀型の半キャップはまた別ですが(笑)

いざという時、顎を守ってくれるのはやはりフルフェィスです。高速道路での雑音(風切り音)や風の巻き込みが少ないのもメリットです。
但し視界が若干狭くなるのは防げません。

開放感なら断然ジェット。眼鏡着用者&喫煙者なら尚更です。場合によれば食事だってOKです(笑)
どんなバイクにも合うので、複数のバイクを乗り分けている方にもお勧めです。

私の場合、「夏はジェット、冬はフルフェイス」と使い分けています。これは安全性云々というより、単に「冬は寒いから」という理由からですが。


<シールド>

キャンプツーリングの場合、シールドはクリア(セミスモーク、ライトミラー等も含む)にしましょう。スモークシールドでの夜間走行は自殺行為です。
キャンプ場周辺に照明設備を期待するのは無理と言うものでしょう。

「クリア、スモーク両方のシールドを持っていき取り替えて使う。」「昼のみスモークのフィルムを貼る」…などの方法もありますが、いずれも手間(と荷物)を考えると面倒なところです。
日中の日差しがどうにも気になる方、「クリアシールドで昼間顔が丸見えなのはちょっとなあ…」というシャイな方(笑)にはサングラスがお勧め、無論、私もそうしている事は言うまでもありません(笑)

アメリカン車等の場合、シールドなしでサングラス(ゴーグル)を装着されている方も見かけますが、ロングツーリングになる事の多いキャンプの場合はお勧めできません。
市街地では排ガスで顔が汚れますし、農村地帯だと…痛いですよ、虫がぶつかると。

ライディングウェア

「安全」という面から言えば皮ツナギが一番ですが、キャンプツーリングともなればそうもいきません。
キャンプとはいえ、途中で寄り道も観光もしたいですしね。


<夏>

特に普通のツーリングと変わる事はありませんが、どんなに暑くとも長袖の上着は用意しましょう。
※できれば肩や肘にパッドの入ったもの
山間のキャンプ場など、日が落ちると急に冷え込んできたりするものです。暑ければ脱いでおけば良いだけですが、寒さは意外に我慢できないものですよ。

また、高速道路を利用する場合には、できるだけ長袖を着用しましょう。
高速の風が直接肌に当たると体力が奪われます。Tシャツ1枚で走って、妙に疲れた事はありませんか?


<冬>

皮のジャケットは格好良いものです。安全性も一番でしょう。
但し、重いし、意外に暖かくないんですよ>皮

最近の新素材のジャケットは凄いです。軽くてすばらしく暖かです。私は一度着たらやめられなくなってしまいました(笑)

この手のジャケットは多少高価ですが(それでも皮製ほどではない)、新しい型なら防寒性能に不満を感じる事は少ないでしょう。
しっかりパッドの入った好みのデザインのものを選べば長く着られるに違いありません。

軽い雨なら雨具いらず…というものが多いのも新素材ジャケットの良い点です。
あえて注意するならば、「雨」の他に「風」への対応がなされているものを選ぶ事でしょうか。
正面がファスナーとボタンの2重留めになっている事、袖口がベルクロ等で絞り込めるようになっている事を確認してください。時速60km/hで走るのは風速16.6m/hの暴風の中に立ち尽くす事と同じなのです。
最新型の冬用ジャケットでしたら大抵対応されているとは思うのですが。

上記のウェアに、暖かいアンダー、インナーウェアを組み合わせましょう。
肌に直接触れるアンダーウェアは汗を吸収しない素材の物が良いでしょう。普通の綿100%のTシャツは汗を吸い込んで冷たくなってしまう事があります。専用品が一番ですが、無ければ化学繊維のものを選びましょう。
その上に着るインナーウェアは、デッドエア(空気の層)を溜め込めるものが良いでしょう。今流行りのフリース素材がお勧めです。もこもこしない範囲で暖かいものを選んでください。

どんなに優秀なウェアでも、首筋から風が入っては意味がありません。
(特にレプリカ車等の前傾のきついバイクの場合)首筋にはネックガード等を巻いておくようにしましょう。
顔の下半分を覆うフェイスガードは確かに暖かいのですが、シールドが曇りがちなのと、「鼻水でぱきぱきに固まってしまう」ので私はあまり使いません(笑)

パンツ

格好と実用性。パンツはその兼ね合いを考えるのが難しいですね。


<夏>

一般的にはやはりジーンズ(Gパン)でしょう。
ライディング中はもちろん、キャンプ場での作業にも便利です。
難を言えば「転倒したらズルムケ」「濡れると乾き難い」といったところでしょうか。

革パンツを利用されている方も多いと思います。ライディング中の安心感は絶大ですね。
「夏に革パンでは暑すぎる!」と考えがちですが、真夏のアスファルトの照り返し、エンジンからの熱気という劣悪な環境では、却って革パンツの方が熱気を遮断して快適だったりする事もあります。

ともあれ、いずれの場合でも、キャンプ場での穿き換え用に「短パン」を持参しましょう。これがあるとないでは快適さがまるで違います。虫が苦手の方は薄めの長パン(?)でも良いと思いますよ。


<冬>

革パンツ派とオーバーパンツ派に分かれるのでしょうか?(笑)

個人的にはオーバーパンツを推させていただきます(笑)
格好はともかく、「暖かい」「下に何を穿いても良い」「雨具の代わりにもなる」と良い事づくめ(笑)どうしても格好をつけなければならない場合(笑)を除き、キャンプツーリングには一番便利なのではないでしょうか。

バイク用ではなく、スキー用、山岳登山用のパンツを選ぶ方がいるかもしれません。
この場合は以下の点に注意してください。
裾はバタつかないか?:ステップに引っかかったりしたら大事です。
耐熱性はあるか?:クランクケースあたりで溶けたりすると大変です。
耐風性はあるか?:ジャケットと同様、スキーなどとは比べ物にならないほどの風圧がかかります。

いずれの場合でも、夏と同じように替えのパンツ持参をお勧めします。やはりフリースのものがお勧めでしょう。キャンプ場でなら「風」はあまり気にせずに済みますから。
但し「火」には充分注意してください、フリース素材は非常に燃えやすいからです。

グローブ

下は軍手から上はゴアテックス製まで。価格の幅が広いのがグローブです。


<夏>

なんといってもメッシュグローブがお勧めです。
涼しいのはもちろんですが、突然の雨にも滑らないというのは有難い事です。雨が止めばすぐに乾きますし。
薄いので、高速道路の料金所、ガソリンスタンドでの給油などの時にグローブを脱がずに処理できるのも忘れてはならないメリットです。
心配なのはやはり「転倒」、Gパンと同じ運命を辿ってしまう事でしょう。

夏のキャンプにはメッシュと皮の2種類を持っていき、状況に応じて取り替える…のが理想でしょうか?グローブでしたらさほど荷物になることもありません。


<冬>

「冬のグローブをケチってはいけない」というのは良く言われることです。
冬のライディングで一番厳しい環境に置かれるのは手の指、それを守るのはグローブしかないのですから。

「インナーとアウターが分かれたもの」「ゴアテックスなどの透湿素材のもの」など様々ですが、個人的には多少高くともゴアテックスのものをお勧めします。暖かいのはもちろんですけれど、意外に気温が高くなった時(結構ありがちです)に手袋の中が汗でベトつかないのは有難い事です。
透湿素材の場合、防水機能を持ったものが多いのもメリットですね。

素材は別にしても、あまりゴワつかないのを選びましょう。(ここの兼ね合いが難しいのですが)
厚いと操作性が落ちる事はもちろん、3本指、2本指クラッチでは切れない事がままあります(笑)
※レバーをこまめに調整してやりましょう。

その他、キャンプに皮製の古いグローブを持っていくと意外に重宝します。
焚き火の薪運びや火の始末、熱いクッカーを掴む時など、軍手を使うより圧倒的に便利です。必携というわけではありませんが(笑)

余談になりますが、究極の耐寒グローブ(?)といえば、もちろん「ハンドルカバー」です。

ブーツ

季節に関係なく、バイクといえばやっぱりブーツでしょう(笑)


途中で歩き回る事の多いキャンプツーリングでは、専用のロングブーツでは窮屈この上ありません。(ウェアとのからみもあるので一概には言えませんが)
くるぶしが隠れるくらいのショートブーツか、ハイカットのスニーカー様のものが手軽で良いのではないでしょうか。

しっかりパッドの入った透湿素材のものが最近の流行のようです。雨にも強く、Gパンにも違和感なしなので夏のツーリングには一番かもしれません。

いずれにせよ、パンツと同じように、キャンプ場で履きかえられるスリッパ(サンダル)を持参しましょう。
食事にトイレと歩き回る機会は多いものです。いちいちブーツを履きなおしていたら大変ですしね。
夏なら水遊びをする時にも大活躍です>サンダル

雨具

どんなに晴天が予想されていても、持って行きましょう、雨具。
濡れると体力が奪われますし、何より気力が萎えてしまいます。


あまり使わないから…と安手の品に手を出すと失敗します。いざという時雨が染み込んでくるような雨具では、なんのために買ったのかわからなくなってしまいます。
できればゴアテックス等の透湿性のあるものを選びましょう。夏のツーリングで雨具の中が汗でびしょ濡れになるのが避けられます。

冬は防寒(防風)具としても使えますので視認性の良い色がなにかと安心です。着込む冬に使うことも考えて、ちょっと大き目のものをチョイスしましょう。
(雨具はやや大きめに設計されている場合が多いのですが)

加えて、こちらは安物で大丈夫ですから「ブーツカバー」と「グローブカバー」もあると便利です。
よほどの雨でなければ必要ありませんが、土砂降りの雨の時、乾き難いブーツやグローブが濡れてしまうのを防げます。
畳んでおけば場所を取りませんので、ツーリングバックの片隅に入れておくといいですね。

どんなに優秀な雨具でも経年劣化は避けられません。防水スプレー等で多少はメンテナンスできますが、ある程度は消耗品として割り切りましょう。

着替え

正直言って難しいです、持っていく着替えの量。


キャンプツーリングだからといって普通のツーリングと変わるところはあまりありません。
キャンプに慣れるにつれ荷物は次第に減るらしいですね、私はまだまだです。

下着等を入れて手で丸めると圧縮できる「圧縮袋」はお勧めです。
荷物が小さくなるのは無論ですが、密閉される為濡れる心配もなくなります。今なら100円ショップなどでも手に入ります。

圧縮袋でなくても、濡れて困る物は全てビニール袋等に入れてからバックへ仕舞うようにしましょう。不測の事態でバッグに浸水した場合でも着替えが守られます。


 CAMPへ戻る