☆ キャンプ道具編 ☆

住

テントを始めとする宿泊アイテムの数々
一番キャンプらしい項目かもしれません。


テント

何はなくともこれが無いと・・・と思いがちですが、実はそんな事もありません。
真夏のキャンプでしたら、テントよりグランドシート&タープの方が心地よかったりする事もありますしね。


<大きさ>

キャンプツーリングの場合、最低でも「人数+1」人用を選びましょう。
例えば2人で泊まる場合は3人用以上のテントが良いでしょう。
ヘルメットやウエアは、いざしまおうとすると結構場所を取るものです。


<材質>

「透湿素材のゴアテックスでなきゃイヤッ!」という方もおられるようですが(笑)私的には「雨が漏って来なければOK」だったりします。
湿気がジメジメなのは確かに嫌なものですが、まあそれもキャンプのうちかな…っと(笑)
もちろん価格が同じならゴアを選びますけどね。


<形状>

いろいろな形状のテントが販売されていますが、設営の簡単さ、重量等を考えるとやはり、いわゆる「ドーム型(上記画像参照)」がお勧めです。なかでもポール2本をX形に組み立てて使うものが簡単です。
雨の時に「とっとと設営、撤収ができる」というのは実にありがたいことですね。

凝った形状のものよりシンプルなものが一番楽な気がします。まぁ下記「前室」との兼ね合いもありますが。


<前室>

テントの入り口のフードのかかった部分を「前室」と呼びます。
雨に当たる心配がないので、テント内には持ち込めないブーツや備品の保管に、あるいは雨の日の調理場所にと、その利用価値は計り知れません。
従ってこの部分が大きいテントがベストです。
ただ無闇に大きいと、その分テント本体の重量がかさんでしまいますね。

私のテントには前室がほとんどないので雨のときは苦労しています。まぁ、それでタープを買ったのですけれど。


<フライシート>

ほとんどのテントにはフライシート(テントの外側を覆うシート)が標準装備だと思います。雨の時には有難さを痛感させられます。
とはいえ、真夏のキャンプではフライシートのせいで通気性が損なわれる事もあります。張ったときにテント本体とフライシートの間に充分な空間のあるものを選択しましょう。


<タープ>

テントとは別に、覆いを作り雨や日差しをさえぎるようにするのがタープです。
大きさも様々ですが、キャンプツーリングの場合、あまり大きなものは対象外でしょう。
テントとは異なり、複数人でないと設営できないような大きなものもありますので注意してください。

私は別売りの一人用の物(テント本体に連結して張るタイプ)を購入しましたが、重量と設営の手間を考えると良し悪しです。雨が予想される時や、ゆっくりできることが確定のキャンプに限定して持っていくようにしてます。


<グランドシート(ドカシー)>

テントの下には、浸水や汚れを防ぐ為にグランドシートを敷く・・・というのが定番らしいのですが、私は敷いた事がありません。
それでも今のところ特に問題はありませんね。(まぁ、あんまりハードなキャンプをしていないせいもあるのでしょうけれど(笑))

ともあれ、ブルーシート(いわゆるドカシー)を持っていくと便利な事は間違いありません。
大勢のキャンプの時の宴会場やタープ代わりにも使えます。
安いものを1枚荷物の底に忍ばせておくと良いですね。


<注意点>

新しいテントを購入した場合には、キャンプで使う前に「必ず」一度組み立ててみましょう。
構成部品の確認にもなりますし、取扱説明書だけではわからない点がはっきりすることでしょう。
新品のテント片手にキャンプ場でおおわらわな方って結構多いんですよ(笑)

シュラフ

安眠というのは何者にも換え難いものです。
シュラフは暖かくてゆっくりできるものが一番ですね。


<形状>

大きく分けて、封筒型とマミー型に分かれます。

封筒型はその名の通り「封筒」に似ている四角形(笑)
ホームセンターで安売りしているのは大抵この形です。大きくて寝やすい(普通の布団と同じような感じ)なのは良いのですが一般的に嵩張る(小さく畳めない)のが難点です。

マミー型は、やはりその名のとおり「マミー(ミイラ)」の形(笑)です。
人型で首周りがストラップで締められるので内部の暖かさが逃げません。逆に暑い時にはファスナーを開ける事で対応できますし、比較的小さく畳めますのでツーリングにはこちらをお勧めします。

どちらの場合も、「上からでも下からでも開け閉めできるファスナー(いわゆるWファスナー)」が付いているものを選びましょう。「足元だけが暑くて…」という場合って結構多いものですから。


<材質>

これはもう羽毛に勝るものはないでしょう。
暖かい、軽い、小さく畳める、とツーリングにはもってこいです。
ネックはやはり価格(笑)。メンテナンスが多少面倒という事もありそうですね。
※濡れてしまった時の対応等

ちなみに私が使っているのは、より(資金的にも)一般的な化学繊維の物です。
こちらは取扱いがお手軽なので便利。もう少し小さく畳めれば文句なしなんですけど。

いずれにせよ、各々使用できる気温が設定されていますので、自分の使用条件にあったものを購入してください。私のは「外気温3度C以上対応」のものですが、これまでのキャンプの様子を見ると「10度C以上対応」の薄い奴でも良かったかなあ…?と思っています。


<その他>

「インナーシュラフ」なる物も売っています。いわゆる「敷布」の役目をする物ですね。

「シュラフカバー」を使えば、より低い気温の時でも暖かく過ごせます。3シーズンシュラフ+シュラフカバーという組み合わせで使っている方は大勢いるようです。

薄い断熱シートを利用した「防寒インナー」(アウターとしてもOK?)などという物もあります。緊急時(?)の保温には有効なのですが、寝返りを打つとガサガサうるさいのが難点です。

枕は専用品も売っていますが、着替えを入れたバックを枕にするのが一番手っ取り早いようです。
大きさも固さも自由自在にできますしね。

マット

これも安眠のためには欠かせません。
なくても大丈夫!という人も多いのですけれど(笑)


<種類>

発泡スチロールに銀の反射シートを貼り付けた、いわゆる「銀マット(ロールマット)」はおなじみだと思います。
安価だし、軽いし、愛用者は多い事でしょう。
弱点としてはなんといっても嵩張る事。運搬が少々面倒です。

ちょっと値段は張りますが、内部に空気を吹き込むタイプのエアマットはお勧めです。
栓を開けておくと自然に膨らみ、空気を抜けば比較的小さくなるので運搬も楽です。
肝心のやわらか度も、もちろん銀マット以上。私は岩のごろごろしたガレ場でも安眠できました。
「サーマレス」等のメーカー品になると1万円以上しますが、こまめに探せば安価な品も見つかるはずです。ちなみに私が使っているのは、某アウトドアショップのオリジナル品で3,980円ですよ(笑)


<サイズ>

基本的に上半身がカバーできれば充分ではないでしょうか?
エアマットの場合でも、長さが1m前後のハーフサイズが用意されています。私は1.8mのフルサイズを使っていますが、足の部分までマットが必要かどうかはよくわかりません。ハーフサイズでしたら価格もハーフ(まではいかないけれど…)ですしね。

明かり

さあ、困りました。私、まともな明かりを持っていないんです(爆)
一人のときはキャンドルランタンですし、大勢のときは誰かがランタンを持ってきてくれていますしね(他力本願)


<種類>

広い場所を照らすには、やはりちゃんとしたランタンがあると便利です。
燃料はほとんどがガス。煮炊き用ストーブの燃料と兼用できるものが良いでしょう。
#ガソリンストーブを使っている私がガスのランタンを購入する気になれないのには、こういうわけもあったりするのですが…どこかにコンパクトなガソリンランタンはありませんか?

マントルを使うタイプの物は、手荒に扱うと割れてしまいますので注意しましょう。無論予備のマントルは必携です。キャンプ場でいざランタンを点けようとして「アレ?」…というのはよくある話ですよ(笑)

重くはなりますが、乾電池&蛍光灯の明かりも実用的です。まぁ、多少雰囲気に欠ける面があるのは否めません。

食卓(?)だけを照らすのならキャンドルランタンでも充分です。維持費も安いですしね。
なお、「ロウがまだ熱いうちにしまおうとして、付近をロウだらけにしてしまう」のはお約束ですので注意してください。(俺だけか?)

ランタンの他に別の明かりも必要です。ランタンはテント内では使えませんから(火事&一酸化炭素中毒)
探し物やトイレへ行く時にもランタンでは不便ですね。

こちらは乾電池式のものが便利です。一番のお勧めは頭に着ける「ヘッドランプ」タイプのもの。両手が自由に使えるので大変に便利です。

もちろん普通の懐中電灯でも良いのですが、なるべく小さくて明るいものとなると、やっぱり「マグライト」でしょうか?
私は20cm位の大きさのものをメインに使っていますが、極小の「ソリテイル」というものをウエストバックに常備しています。キャンプ中以外にも、夜間のバイクのトラブルにも使えますね。


 CAMPへ戻る