☆ キャンプ道具編 ☆

輪

肝心のバイクに関するページです。
とはいっても普通のツーリングとさほど変ることはありません。


バイク

普段使っているバイクで行くのが「オンロード車によるキャンプツーリング」です(笑)
車種の区分けにさほどの意味はありません、最近は境界があいまいになってきていますしね。


<ネイキッド>

代表車種:XJR1300、CB1300、ゼファー

リアシートが大きいネイキッドは、荷物を積むのが楽です。
アップライトなポジションもロングツーリングに適していると言えるでしょう。
カウルがない為、高速道路では風圧と戦う事になりますが、風を感じるのもツーリングの楽しみの一つかもしれません(笑)


<グランツーリスモ(GT)>

代表車種:ZZR1100、CBR1100XX、VFR800

大きなカウルですっぽりと包まれているため、高速道路を使った移動には絶大な安心感があります。
荷物の積載も比較的楽、パニアケースを車種専用ステーで取り付ければスタイルもすっきりです。
ネックはやはり車重、キャンプ場付近の荒れた路面では取りまわしに気を使うことでしょう。


<スーパースポーツ(レプリカ)>

代表車種:GSXR1000、CBR900RR、YZF-R1

「走り」に限定して製作されたこれらのマシンでキャンプツーリングに出かけるには、確かに不都合な面が多いかもしれません。
※積載量の低さ、前傾のきついポジション、重量増による運動性の低下等。
但し、一旦荷物を降ろしてしまえばこっちのものです。山間部のキャンプ場付近の峠道を走りまわるのに、これほど適した車種はないと言えるでしょう。


<アメリカン>

代表車種:XL1200S、DragStar、Shadow

キャンプ場で一番「絵」になるのは、この車種かもしれません(笑)
荷物も、下手な専用バックよりダッフルバックや皮製のバッグの方が似合う事でしょう。
高速道路も「常識的な速度」なら快適、ポジションもロングツーリング向きです。
燃料タンクの小さい(後続距離が小さい)場合が多いのですが、こまめな給油を心がければ問題ない事でしょう。


<デュアルパーパス(…と書くと問題あるかも(笑))

代表車種:F650GS、TDM850、KLE400

一見オフロード風、でもタイヤはオンロード寄り…というのがこの車種の特徴です。
当然、いままでに挙げた車種の中では一番キャンプ向きですので、キャンプ(ツーリング)好きの方に選ばれる場合が多いようです。
リアシートは小さめの場合が多いのですが、キャリアが用意(付属)されている事が多いので荷物の積載には問題がありません。
サスペンションのストロークがたっぷりと取られていますので、不整地路面でも安心です。


余談ですが、「お前の乗っているV−Maxが代表車種に載っていないじゃないか!」と言われそうです(笑)
う〜ん、どこに入るんでしょう?「アメリカン」と「ネイキッド」の中間辺りでしょうかねぇ?
 

整備

特に変わった事はありません。普段のロングツーリングの時と同じで大丈夫ですが、あえていくつか上げてみましょう。


タイヤのエア圧はあらかじめチェックしておきたいものです。
季節の変わり目には特に注意が必要です。中でも秋は夏に入れたエアが収縮するのでマメにチェックしましょう。
同時にトレッド面を確認する事で、パンクを予防する事もできそうです。

バッテリーも前日までには確認しておきましょう。
電気系はツーリング先でなんとかするのが難しい部分です。キャンプ場での「押しがけ」はなかなかに空しいものですよ。

工具・パーツ

どちらにしても、車積工具では対応しきれないような故障の場合はどうしようもありません。
一番必要な工具とは「お金」であるとの意見もあるようです(笑)


キャンプツーリングゆえの工具といえば、やはり「パンク修理材」でしょうか。
ただ、持って行っても使えなければ何の意味も無いので、説明書を熟読しておきましょう。
下手に修理したがために却って傷を大きくした例をいくつか知っています。いえ、もちろん私ではありませんが。

予備のブレーキ、クラッチレバーを持っていくに越したことはありません。アルミ製のレバーは一旦曲がってしまうと元へ戻せない場合が多いからです(鉄製なら強引に曲げる事も可能)
まぁ、無いならないでなんとかなってしまうものですけれどね。

2スト車なら予備のプラグは必携です。今日調子が良くても明日はどうだかわからないのが2スト車です(笑)
私がその昔、ガンマ初期型で片肺のまま山を降りるハメになった事があるから…というわけではありませんが(爆)

針金とガムテープも必携品です。「この2品があれば大抵のトラブルは大丈夫!」とは私の知り合いの言葉ですが、信用できるかどうかはさておき(爆)便利である事に間違いはありません。
特にガムテープはテントやバッグ、雨具の修理にも使えて重宝します。
嵩張らないよう芯を抜いて、潰して持ち運びましょう。あ、もちろん「布」のガムテープですよ。

積載・バック

オンロードバイクの場合、(一部車種を除き)タンクもリアシートも比較的大きいので、荷物を積むのにはさほど苦労はしない事でしょう。


<種類>

ウエストバック:
小物や貴重品を入れておき、常に身につけておくのに便利です。
ある程度大きなものでも良いのですが、防水機能やカバーのないものがほとんどですので、雨の時、雨具の下に仕舞える程度の大きさが便利です。
必要最小限の大きさにしておき、貴重品はタンクバックと共用するのも良いでしょう。
私はタンクバックを持っていないので、やや大きめのものを使用しています。

タンクバック:
バイクから離れる時に一緒に持っていけるので、やはり貴重品やカメラなどを入れておくのに便利です。
大抵上部に地図が入れられます。また高速道路のチケットや携帯電話用の専用ポケットがあると便利ですね。
大きさは様々ですが、あまり大きすぎるとライディングの邪魔になるので注意が必要です。
雨の時、専用カバーがすぐに取り出せるタイプのものが良いようです。
今ではタンクに磁石で付ける物がほとんどのようですが、高速道路を全開で走る場合の多い方はストラップの付属しているものの方が安心かもしれません。
ちなみにV−Maxに付けられるタンクバックは少ない(高価)ので私は使用していません。

デイバック:
ちょっとした荷物を入れて運ぶには便利そうです。
但し、ロングツーリングになりがちなキャンプの場合、詰め込みすぎて背負うと肩が凝ります。
また、重心が高くなるのでライディングにも影響しそうです。
慣れた方はパッキングや背負い方を工夫することで対応できますが、やはり、荷物はできるだけバイクに積んだ方が良さそうですね。

ダッフルバック:
なんでも詰め込めるので汎用性があります。私も最初はこのタイプを使用していました。
但し、型崩れしやすいので詰め込み方には注意が必要です。中途半端な量の荷物の時が一番難しいですね。
一旦シートに固定するとカバーは掛け難いので、できれば完全防水品を選びましょう。
固定はストレッチコードで行います。ネットだけで固定される方もいるようですがお勧めできません。ツーリング用ネットは、あくまでも「補助」として考えた方が良いようです。

リアバック:
荷物の積み降ろしがストラップだけで行えるので非常に楽です。
インナーフレームタイプならパッキングも簡単ですし、大抵の場合、防水もしくはカバー付属なのが有難いところです。
少々高価で持ち運びが大変なのが難点といったところでしょうか?

振り分けバック(サイドバック):
重心が低いので安定しますし、荷物の出し入れも比較的楽です。
但し、思ったほど容量がとれない事と、擦りぬけがしにくくなる事。マフラーに接触しがちなので車種を選ぶ事が難点といえば難点でしょうか。

ハードケース(パニアケース):
一旦取り付けてしまえば一番楽なのがコレです(笑)
車種毎の専用品を使えばスタイルもすっきり、突然の雨や盗難の心配もありません。
デメリットは擦りぬけのしにくさと・・・なんといっても価格ですね(笑)


<その他注意点>

荷物を残してバイクを離れる場合を考えると盗難対策が必要でしょう(寂しいことではありますが)
しっかりと鍵のかかるハードケースの場合を除き、ファスナー部には南京錠等を掛けておくことをお勧めします。
また、荷物そのものを簡単にバイクから取り外せないような工夫があると良いでしょう。
私の場合、ストラップですぐ外れてしまうリアバックは、フレームとを自転車用のチェーンロックで繋いでいます。キャンプ場でもなにかと重宝しますよ>自転車用のチェーンロック。

上記とは別に、貴重品は常に身に付けておくようにしましょう。


 CAMPへ戻る