☆ キャンプ道具編 ☆

食

キャンプのメインはやっぱり食事。
調理ををするしないに関わらず楽しいものです。


ストーブ

キャンプ用品の代表といえばもちろんストーブです。(そうか?(笑))
安物から一流品まで様々ですが、キャンプツーリングに限定すれば種類は限られるかもしれません。


<燃料>

現在の主流はガス(ブタン)を使うものでしょう。
昔はガソリンに比べて火力が弱かったらしいのですが、最近ではさほど変わりないようです。製品には大抵「熱量」が明記されていますので参考にすると良いでしょう。
低温時に点火し難い面もあるようですが、バイクで行くキャンプツーリングの場合は(時期的に)さほど関係ないかもしれません。
ガスは専用品ですが、最近はあちこちで手に入るようになってきました。ストーブによりガス(ガスボンベ)の種類がいくつかありますので、自分の使っているメーカーは確実に覚えておきましょう。
最近では家庭用カセットコンロのガスが使えるストーブもあるらしいですね、これなら田舎へ行くツーリングでも安心です。
火力の微調整が効き易いのもガスストーブの特徴です。中火でコトコト…ができるのは便利ですね。

もう一つの燃料はガソリン。私もこれを使っています。
基本的には専用ガソリン(白ガソリン)を使うのですが、バイクに入れる普通のガソリン(赤ガソリン)が使えるものもあります。「燃料がなくなったらバイクから…」という安心感は絶大です。
ガソリンのメリットは「火力」でしたが、これは先述のように最近ではガスと大差ありません。
面倒なのは「ポンピング」という燃料圧縮の手順がある点です。使う前に空気入れの要領で一生懸命キコキコとやらねばなりません。…と言いつつ、その雰囲気が好きで私はガソリンストーブを使っているのですが(笑)

長期ツーリングの場合、予備燃料を持っていきやすいのはガソリンでしょう。(ガスボンベはかさばる)
予備のガソリンタンクはもちろん耐圧製の専用品(シグボトル等)でないとダメですが、最初から大きなタンクが付属したガソリンストーブもあります。
私が持っているのもこのタイプですが、3〜4日程度のキャンプでしたら補給なしでもイケますね。(作る料理に大きく左右されますが)

その他、固形やらアルコールやらなにやらのマニアックな燃料もありますが、ここでは省略。
※というか…よく知りません(爆)


<種類>

四輪のオートキャンパーならいざしらず、ツーリングにツーバーナーは持っていけません。
※持っていけたら、それはそれで尊敬します(笑)
ストーブの種類はシングルバーナーに限定されそうです。

シングルバーナーは、やはり上部のゴトク(鍋を乗せる部分)が大きいものの方が安定します。コンパクトに畳めるかどうかも重要なポイントでしょう。ガスストーブの場合はボンベが別ですので問題ないのですが、ガソリンの場合は燃料の容量とタンクの大きさを秤にかけて選んでください。
ちなみにガソリンでもタンクとバーナーが別になった奴(上記画像参照)はなかなかお勧めできますよ。


<その他備品>

ゴトクと鍋の間に敷く細かな目の金網があるとなかなか便利です。
チタン鍋のコゲつきも防げますし、熱が均等に伝わるような気がします。大きな鍋が安定して乗る…という面もありますね。

ガソリンストーブは比較的風に強いのですが、ガスの場合や海沿いでのキャンプの場合には「風よけ」があると重宝します。私はアルミ板で作られた専用品を使っていますが、家庭用コンロ向けの物でも充分に役立ちます。アルミホイルがあればその場で自作しても良いですね。

煙草を吸わない方は点火用の「チャッカマン」をお忘れなく。

クッカー

料理をしなければいらないとはいえ、お湯を沸かすだけでもキャンプの雰囲気が出ます。
これも贅沢をするときりがないのですが、1人のツーリングでしたらさほど大きいものは必要ありません。


<材質>

アルミ製がもっとも安価でポピュラーでしょうか?
軽くてサビないですし、熱伝導率も高いので効率も良いです。
ただ、衝撃に弱いのと、最近では「アルミの過剰摂取がアルツハイマーの原因に…」などという噂もありますのでご留意下さい。

ステンレス製はファミリーキャンパー向きといえるでしょう。
丈夫で多少は保温も出来ますし、大きな鍋のがっちりとした安定感は他の材質では出せません。
但しあまりにも重いので、ツーリングにはちょっと…という感じはしますね。

そしてチタン製。お金があればとにかくチタン!私はお金はありませんが、食器の類だけは贅沢してチタンで揃えています。
何より軽い!そして固い!クッカーも固い分薄く作られていますので、熱伝導率も良好。料理に金属の匂いがつくこともありません。
そしてなにより「チタン」という響き…バイク乗りにとっては「カーボン」や「削りだし」と同じくらいぞくぞくする言葉だとは思いませんか?(爆)


<大きさ、数>

収納を考えると、はじめは違う大きさのクッカーが1つにまとめてしまえるセット品を購入するのが良いでしょう。

私の場合は、150mm*80mm程度の「大」と一回り小さな「中」、その更に一回り小さなシェラカップにフタ兼用皿が一まとめになったセットを使っています。
数的には、1〜2人のキャンプでしたら必要にして十分ですね。片方でパスタを茹で、もう片方でソースを作る…などといった使い方をしています。

大きくはなくとも、もう少し(2倍くらい?)深いクッカーがあると良いようにも思います。これがあれば煮物系がずいぶん楽になるでしょう(笑)

あとはフライパンでしょうか?とはいえフライパンはかさばるので購入する予定はありません。
どうしてもという時には皿をペンチで掴んでフライパン代わりに使えますしね。

大勢のキャンプの時だけは、やはり大きな鍋が欲しくなります。まぁ、このときには家庭で使用している鍋やフライパンを持ち込むのが正解でしょう。
ちなみに「峠道で大きな中華鍋を積んだバイクに追い越される」と精神的にやられるらしいですね(笑)


<形状>

取っ手がしっかりしたものを選びましょう。小さなストーブの上で使うのですから無用のトラブルは避けたいものです。
できれば素手で掴んでも大丈夫な取っ手がいいですね、あんまりゴツいと収納で苦労してしまいますが。

カップ&食器類

自炊はしないから食器もいらない?いえいえ、そんなこともないかもしれませんよ。


<カップ>

シェラカップでもいいですし、コッヘルでもいいのですが、飲み物を入れるものは必ず持っていく事にしましょう。
キャンプ場で一緒になった方から飲み物を勧められるというのは良くある事です。その時入れ物までお借りしたのでは申し訳ないじゃないですか。

これもチタン製がお勧めですが、そうでなくても2重底のものがお勧めです。冷め難くて温まり難い2重底のカップはキャンプにぴったりです。
余談ですが、よくデイパックや腰にカラビナでカップをつるした方を見かけます。確かに取り出しやすいとは思うんですが、ツーリングの場合は…汚れちゃいませんかねえ?


<皿>

基本的には必要ないと思います。クッカー(コッヘル)から直接食べた方が手っ取り早いし、汚れ物も少なくてすみますから。
あ、でも刺身を食べるときに醤油の付け皿として使う事がありますね。


<ナイフ>

男だったら、誰しも大きなナイフに惹かれるところがあるのではないでしょうか?(笑)
私も自分に合うナイフを密かに探している最中です。

ともあれ、普通のキャンプツーリングに大きなナイフはまず必要ありません。ヴィクトリノクスのようなアーミーナイフが1本あれば大抵は対応できます。(「キャンプ用」と銘打ったものが便利でしょう)
魚をさばく程度ならアーミーナイフに付属のナイフで充分ですし、それより大きいものを切るなら包丁の方が手早くできます。
聞いた話ですが「刃物で一番実用的なのはポケットナイフと鉈」らしいですね。


<その他備品>

フォークにスプーン、箸をお忘れなく。
箸はワリバシではなく、ちゃんとした長いものの方が結果として使える事が多いようです。
「俺はアーミーナイフ持っているもんね」という方も、フォークとスプーンは別に持っていきましょう。複数の道具を同時には使う事はできませんから>アーミーナイフ

コーヒー用品

これはもう個人的な好みでしかありません(笑)
キャンプ場でも起きぬけのコーヒーは外せません。なにより二日酔いに一番効くじゃありませんか。


<豆>

使うであろう分だけをパックして持っていきましょう。
私は愛用カップより一回り小さな入れ物に豆を入れ、それをカップの中に収納しています。


<フィルター用品>

スプリング状になった畳めるフィルター置きをご存知でしょうか?私はこれを見つけたのでキャンプでコーヒーを楽しめるようになったのだと言っても過言ではありません。
小さく薄くなるので場所も取りませんし、紙のフィルターも一緒にしまえるので実に便利です。小さいので大勢の分を入れるときには苦労しますけれどね。

食・その他

その他、私がキャンプに持っていく「食」関係のものを列記してみました。
う〜ん、無駄なものも多いなあ・・・


<調味料>

オリーブオイル:炒め油用、ナルゲンの入れ物に小分けして持参。
醤油:これもナルゲンに。
塩コショウ:一緒のものをナルゲンでパック。でも最近は別にした方が良い気がしてきた。
固形スープの素:何にでも使える。
鷹の爪&ニンニク:パスタ用。
ミックススパイス:パスタ用、でも煮物焼き物にも使える。


<インスタント食品>

サラスパ(サラダ用スパゲッティ):細くてすぐ茹で上がるので便利。1袋で2食はイケる。
味噌汁のもと:弁当屋でおまけにもらったもの、二日酔いの朝に飲むと美味い。
ワカメスープのもと:さっぱりとしたスープ、二日酔いの朝に飲むと美味い。
固形卵スープのもと:二日酔いの朝に…(後略)


<酒>

基本的に現地調達だが、非常用(?)スキットルを常備。中身はバーボン。


<その他>

洗剤:一応「地球にやさしい」という能書き付きのもの。

スポンジ:目の粗いものが丈夫で汚れも良く落ちる。

タオル:食器の布巾用に小さなものがあると便利。

水入れ:2リットルペットボトルを愛用。軽くて丈夫、容量的にも充分。なくしても平気。

テーブル:あれば便利だが無くても平気。
今使っているのは大きさの割に場所を取るのが難点。
ケチらずにもっと小さくたためるものを買えばよかったかも…

椅子:3本足の小さくたためるものもあるが、580円で買った昔ながらの折りたたみ椅子が一番坐り心地がよかったりする(爆)
背もたれの有無が効いているんじゃないかな?

栓抜き、缶切り、ワイン抜き等は、先述のアーミーナイフに付属と思われる。

100円ショップで購入した「まな板」が思いがけず便利でびっくり。


 CAMPへ戻る