■栃木県北部限定ツーリングガイド

 

藤原宇都宮線


 

連絡路としても便利です

 鬼怒川温泉・龍王峡と矢板市を結ぶルート。
 ほぼ裏道だが、上手に使うと渋滞の無いツーリングルートとして使うことができる。

 渋滞の無い紅葉見物ルートとしてもお奨め。


 国道121から入ってすぐ、道は細くなる。
 その先は狭くて急な上り坂の林間コース。整備中で一部2車線になっている個所もあるが長くは続かない。
 極細のヘアピンが数箇所あり、大型車だと苦労するかもしれない。

 上りきると一旦平坦な尾根道へと出る。途中小さな牧場が複数あり、景色も良いので休憩推奨。

 下りはまた極細ヘアピン。
 やや道が広くなっても安心しないこと。路面(路肩ではなく)に砂の出ている箇所多数。

 センターラインのある完全2車線に出たら安心。うきうきと下っていける。

 ダムを右手に見て橋を越えると、右手が唯一の観光場所「尚仁沢湧水」(しょうにんさわゆうすい)
 水汲み四輪が出入りするので注意必要。

 栃木県民の森方面とのY字路がルート終点となる。

でまぁ、俺的印象なんですが。

 本文とは逆のルート(東→西)で走ることが多いです。
 矢板(東)側の上りを楽しんで走って、鬼怒川側(西)はおさえてゆっくりと。西側は何故かいつでも砂が多いんですよ、山から流れている風でもないのに不思議です。

 渋滞が無いので秋の紅葉時期にゆっくり走るのもお勧めできます。
 狭いので対向車にはくれぐれもご注意を。

【 ランドマーク 】
 ・鬼怒川温泉、龍王峡、尚仁沢湧水、東荒川ダム、矢板市

【 ポイント 】
 ・新緑・紅葉綺麗、対向車注意、路面砂注意

 
戻る ツーリングガイドへ戻る