■栃木県北部限定ツーリングガイド

 

八方ヶ原(下塩原矢板線)

八方ヶ原

 

実は景色がいいんです

 県道56号線の一部。
 矢板市から塩原方面へ向かい、山麓の見晴台へと抜けるルートを記載。

 一般的に言われる「八方ヶ原」とは若干異なる。


 りんご農家の連なる辺り、矢板カントリークラブ先を曲がると道が狭くなる。

 最初は1.5車線でタイトなコーナーが連続する上り。斜度は結構大きい。
 2kmほど先の右コーナー駐車場までは地元民の練習コースっぽいので楽しめる。

 その先、一旦太くなった道は栃木県民の森入り口付近で再度細くなる。
 以後、センターライン付き2車線と1.5車線が交互に現れる。

 ヘアピンと直線が連続する道は一見楽しそうだが、実は対向車がかなりある。また路肩駐車も多い。(特に紅葉シーズンと山菜シーズン)見通しの悪い場所では飛ばさないこと。

 中盤まで見晴らしはさほど良くないが、その分森林浴を楽しめる。
 広葉樹が多いので新緑・紅葉時期は綺麗。あまり有名な場所ではないので他のところほど渋滞しないのも嬉しいところ。

 上部、通称5連ヘアピン(命名俺)を抜けた先、丁字路を左へ曲がるのが頂上方向となる。
#道の駅たかはらの入り口まで行ったら行きすぎ。

 途中に駐車場、ここはツツジが綺麗。

 しばらく上ると視界が開ける。
 八方ヶ原頂上には高い木はなく低木のみ。周囲の山々と下に広がる矢板市が見渡せる。

 行き止まりの駐車場は登山の出発点でもあり、シーズンには相当数の停まる。
 展望台もあるのでゆっくりと休憩。


下部のワィンディング


左:県民の森、右:八方ヶ原


5連ヘアピン付近


左:八方ヶ原頂上、右:塩原

でまぁ、俺的印象なんですが。

 「塩原・矢板ルート」の続きとしてこのルートを逆走することが多いです、大抵疲れた疲れた言いながら。
 あちらと違ってこちらのルートは比較的楽。先に書いたとおり対向車と駐車には要注意ですけどね。

 頂上の駐車場・展望台は気持ちの良い場所です。ツツジが一面に咲いている場所とかもあるので春先〜初夏もお奨めです。

 実はこの辺りには(地図ではわかりにくいですが)他にもいろいろな道があります。
 それらを適当に気分次第で繋いで走ってのがこれまた楽しいんですよ。

【 ランドマーク 】
 ・矢板市、矢板CC、八方ヶ原、下塩原矢板線、栃木県民の森、山の駅たかはら

【 ポイント 】
 ・新緑・紅葉綺麗、ツツジ、路肩駐車要注意、ハイカー注意、冬季積雪

 
戻る ツーリングガイドへ戻る