■栃木県北部限定ツーリングガイド

 

日塩もみじライン


 

いわゆる日塩有料道路です

 鬼怒川温泉・龍王峡と塩原温泉を結ぶ有料道路。二輪は400円也。

 既に償還済みで一般道になるはずだったが、2002年、鬼怒川側に「龍王峡ライン」(別料金:二輪100円也)という延長部が作られた為有料継続となった。ちなみにこの部分は国道121で迂回可能。


 絵に描いたようなワインディングロードで、全線に渡りコーナーが楽しめる。路面も良好。
 各カーブには「R15 C20」(直径15mの20番目のカーブ)のような標識あり。

 鬼怒川・龍王峡側から入るとすぐに料金所ゲート。ただし料金は出口で払う。


入り口はスルーで

 南側のエリアは斜度がやや大きい。

 比較的小さなR(15R〜30R)のコーナーが続く。見晴らしはさほどではないが、木々の中を走る気持ちの良いルート。

 気合を入れて走るならこの部分がお奨め。


ストレートの先にはヘアピンが


林間ルートです

 C31過ぎ、左(谷)側にあるのが最も大きな駐車ポイントである富士見台駐車場。施設等は無いが見晴らしは良い。
 その先1km弱先、右(山)側にあるのが白糸の滝駐車場。こちらには売店や自販機、トイレあり。


見晴らし良し


設備充実


マイナスイオンも充実

 この辺りから中盤エリア、斜度はほぼフラットに。

 Rは不規則になる。長めの直線もあるが、枝道やスキー場(エーデルワイス、ハンターマウンテン)があるので流して走るのが吉。
 見晴らしは良い。紅葉シーズンは(このコースは無論として)左側に広がる山々が実に綺麗。

 ハンターマウンテンスキー場付近から北側エリア、斜度はまた大きめな下りになる。


一見走りやすそうでも注意必要

 直線とヘアピンが交互に現れる。道幅が広くなったように見えるが追い越しはくれぐれも慎重に。


塩原側料金所

 料金所出口の先は塩原湯本温泉。硫黄の香り強し。

 「もみじライン」の名のとおり、秋のシーズンには大混雑する。
 この時期にツーリングで訪れるなら、早朝の通過をお奨めする。

でまぁ、俺的印象なんですが。

 実は高校生の頃から走っていた場所でもあります。当時は朝早く行くと無料で走れてですねぇ…(と遠い目をする)

 ともあれ、カッ飛び派にもツーリング派にも自信を持ってお奨めできるルートです。

 秋も良いですが、新緑の頃の朝。それもちょい夜露が残っている時間帯に行くのも良いものです。古き良き日本の峠道の風情がたっぷり味わえること間違いありません(笑)

【 ランドマーク 】
 ・鬼怒川温泉、龍王峡、太閤下ろしの滝、白糸の滝、エーデルワイス、ハンターマウンテンスノーボウル塩原、湯本塩原、塩原温泉

【 ポイント 】
 ・紅葉シーズン渋滞、混雑時追い越し注意、近隣施設で割引券販売、10台以上なら料金所で回数券購入を、冬季凍結、溝またぎ失敗

 
戻る ツーリングガイドへ戻る